ネットビジネス第1弾、せどり

記念すべき第1弾は、「せどり」の紹介です。


せどりとは、商品を安く仕入れて高く売るというネットビジネスです。


せどりという名前は、

昔の転売者が本棚の背表紙を見て売れる本を抜き出したことに由来します。

今では「転売厨」と言ってののしられることが多いのですが、
実は昔からある伝統的なビジネススタイルなんです。


今でも、ブックオフなどの古本屋で仕入れを行う方は非常に多いですね。

ただ、昔の転売者のように目利きがあるわけではなく、
携帯サーチアプリでバーコードリーダーを読み取ることで
売れる商品が分かるため、かなり簡単に稼げるようになっています。

また、販売先はAmazonという現代的な様式になっています(笑)


また、ネットが普及した現代では、
電脳せどり、つまりオンラインせどりというノウハウもあります。


実店舗に行って仕入れをするのではなく、
ネット上で売れる商品を見つけて、それを安いネットショップで仕入れるのです。


ネットの普及によって、せどりというビジネスも大きく変わりました。

しかし、環境は変わっても転売の基本は変わりません。



どんなものが人気なのか、貴重なのか、
どうすれば利益が出るのか、・・・・・


物販のコツはいつの時代も同じなのです。